ホーム » 2016年7月

2016年7月の記事一覧

黒ずみ

鏡を見た。自分の顔である。
 
久しぶりに鏡を覗きこんでみた。若い時には異性に大人気だった、この顔も年輪を加えて無様なものである。特に気になるのが毛穴の黒ずみである。それ以外にもシワ筋肉の衰え、髪の抜け毛などなど。歯もボロボロである。

気になる老化はたくさんある。ところで、親族が県外から休みの間にやってくるという。従姉妹は同じ年に産まれたのであるが、とっくに家族を持ち、しっかりとやっている。


私は周回遅れで取り残された感じであろうか。

この年齢になっても未だにフラフラしている。

独身のまま、小鼻の黒ずみを気にしている。一体、誰に、この顔を見せるというのだ?

無論、自分以外の人間であろう。しかし、、、、、、誰も見てくれないのではないか。

とりあえず、クレンジングでも変えてみよう。

脇の黒ずみは結局、メラニン色素の沈着なのであると言われた。仮に、そうであるならば黒人には皮膚の一部だけ黒ずむということはないのであろうか。私の周りには日本人しかいないのでわからない。

ちなみに対策には、あの商品が良いらしい。

 

ちなみに日本人は白と黒では、白のほうを好むようである。これは日本人だけに限ったことではないかもしれないが。美白化粧品は肌を白くする為のものであるし、最近では歯のホワイトニングも人気のようである。もっとも、昔は日本ではお歯黒をつけて歯を黒く染めていたから、これは当てはまらないのかもしれないが。


かつて、ウェブスター百科事典の白はきれい。黒は汚いという記述に対してアメリカの黒人はブラック イズ ビューテイフルと叫んだものであった。また、一時期日本の女子高校生の間では、日焼けサロンで顔を黒くしたガングロなどというものが流行したが、今はなりを潜めている。

顔の黒ずみも気になるが、女性の中では陰部の黒ずみを気にする人も多いらしい。やはり女性器は黒いとグロテスクに見えるものなのであろうか?

男性、女性を問わず、きれいになりたい。美しくなりたいという思いは共通のようである。

この場合の女性器を美しくするというのは、赤ん坊にようにピンクのものにすることらしい。


人に勧めるのは、こちらである。

デリケートゾーン 黒ずみ

仕事がイヤになる。

納期に遅れるかもしれないと言われた。土曜日の出勤がなくなったかわりに月曜日と火曜...

続きを読む

  • 1

Return to page top